生活

【効果抜群】副腎疲労の回復方法【簡単】

投稿日:


“ちゃんと寝たはずなのに疲れがとれない”
“寝不足でもないのに1日中だるくて眠気がひどい”


上記のような症状に覚えのある方は「副腎疲労」が原因かもしれません。
この記事ではそんな副腎疲労を改善するおすすめの方法をご紹介します。

1. 副腎疲労とは何か

副腎は左右の腎臓の上部に一つずつある内臓で、血圧や血糖値、免疫機能など体内の環境を一定に保つためのホルモンを分泌しています。
ストレス耐久力を高める「コルチゾール」という成分も、副腎から分泌されるホルモンの一種で、コルチゾールの分泌量は朝が最も多く、時間とともに減っていきます。しかし、ストレスが溜まってくると一日中コルチゾールが分泌され続け、副腎に大きな負担をかけることになるのです。副腎が疲労状態になると、コルチゾールの分泌リズムが乱れ、さらに悪化すると分泌量が減少し、ストレスへの耐久力が落ちてしまうのです。

2. 回復方法

食事

まずは、ホルモンを作り出す元となる食事の改善から。
食物を消化・吸収する腸内環境の改善及び、肝臓の負担を減らしていきましょう。

コーヒーやアルコールは控えめに。加工食品や味の濃い外食はなるべく避け、簡単でよいので家で調理しましょう。味付けは塩や醤油をちょっとふって食べるくらいの感覚で大丈夫です。
主菜は良質なたんぱく質(豚や鳥肉)にし、主食を玄米や十割蕎麦にすることもおすすめとされています。

また、グルテン(小麦)やカゼイン(乳製品)はアレルギーや腸の炎症させてしまう場合があるので、副腎疲労の疑いがあるときは試しに2,3週間ほど控えた方が良いかもしれません。

十分な休息


睡眠不足の方はまず十分な睡眠時間を確保することが先決です。
しかしながら、人並みの睡眠をとっているにも関わらずなかなか疲れが取れないというのが副腎疲労の厄介なところ。

そもそも副腎はストレスを緩和するために日々働いてくれています。
ですので、副腎を休ませるためにストレスの元となっている事から距離を置くというのは非常に重要な事です。
日本人の勤勉な国民性というのは良い面もたくさんありますが、その分ストレスをためやすいとも考えられます。
そのストレスの原因を排除できるのならばそうしてしまうのが身体としては一番喜ばしいことです。

例えば、規則正しい生活が健康に良いはずだという考え方も実はストレスの一因ですので、一般的な健康観ではタブー視されがちな休みの日の「寝溜め」は、副腎疲労の回復には効果を発揮する可能性があるのです。

以上、副腎疲労を回復する方法についてを述べてきましたが、需要な事はストレスをできるだけ排除するということです。
但し、精神的ストレスから発症することが多い「うつ病」に関しては症状が似ていてもまた違ったアプローチで治療が必要な病気なので混同しないように注意しなければなりません。
どんな体の不調にも言えることですが、なかなか回復しない場合はまずはかかりつけのお医者さんに診てもらいましょう。会社の福利厚生でメンタル診断等が利用できる方は積極的に利用し、健康診断もしっかり受けましょう。
「忍耐強く仕事を頑張って体を壊した」ことを美談にできる時代はもう終わりました。
もしあなたの職場がまだそういう状況であれば、「転職」をおすすめします。
その話はまた別の機会にさせていただきますが、とにかくストレスからは逃げるが勝ちです。

-生活
-

Copyright© ヤスエモンドットコム , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.